喧犬:02

[anything] の【喧犬:02】
ツケが積もり積もって結構な金額に。もはや支払いの見込みが薄いため、ついにご奉仕によってツケの分を精算させられることになっちゃいます。頑丈な手枷をはめられたまま飢えた男たちの前に差し出され、さっそく前から後ろから横から無数の手が伸び、がっちりむっちりな肉体を遠慮なくまさぐり始めて……。いろんなところをねぶられたり、ぎんぎんの雄茎を押し当てられこすりつけられ口の中にも突っ込まれて、濃密な白濁液をたっぷりとぶっかけられる様をご覧ください。極太で貫かれて種汁を注ぎ込まれ、何度もびゅるると噴出しちゃいます。