鴉の塒 カラスのねぐら PART1 第一話/第二話

[メディレクト] の【鴉の塒 カラスのねぐら PART1 第一話/第二話】

男を愛する男達の愛と孤独と哀しみ、そして新しい家族のカタチを描いた大長編ストーリー!
「少しずつ、家族になろう」
天涯孤独の男が、転がり込んだ山の麓の家。そこは、心も体も逞しい野郎達の隠れ家だった。常に褌一丁か真っ裸で過ごす、不思議でスケベな共同生活が始まる。
しかし、様々なトラブルや哀しい苦難が立ちはだかり…。
G-menでの好評連載作品が待望の電子書籍化!
※こちらはコミックス『鴉の塒』を2話分ずつに分けて収載した分冊版です。第一話と第二話を合わせてセットで配信!
◎鴉の塒 第一話
ある雪の夜、暴漢に襲われて路上で気を失っていた久我将造は、意識を取り戻すと見知らぬ家にいた。将造を介抱したのは、褌姿の屈強そうな「番頭」と名乗る男だった。
ここは山の麓の小さな工務店で、社員寮のような所だと言う。怪我を負っていた将造は、3日間寝たきりだったらしい。
今はまだ、体を休めろとうながされる将造であったが、股間の逸物はギンギンにそそり勃っていた。不意に、路上に倒れていた時の記憶が甦る。
将造は凍えながら、このまま死ねるのだろうかと考えていたのだ。将造は欲情にまかせ、その肉棒をしごき上げる。
生きる事をあきらめかけていた天涯孤独の男・将造は、この先どうなるのだろうか…。
◎鴉の塒 第二話
将造が謎の家に担ぎ込まれて五日目、傷も体調も回復すると、番頭と共に「オヤジ」と名乗る中年男が現れる。彼もまた褌一丁の姿であった。
彼は「オレん所で働かねぇか?」と、この家での住み込み仕事を持ちかける。
考え込む将造を、番頭とオヤジは家を案内する。数人の男達が共同生活をしているこの家では、何故か全員が裸か褌一丁であった。
男達に迎え入れられた将造は、風呂に入り食事をする。
酒に酔った将造を布団に運ぶ番頭。そして、番頭の手は将造の体に…。
番頭からの突然のキスや愛撫に、戸惑う将造であったが…。