野外露出の代償

[漢度抜群] の【野外露出の代償】
己のバルクマッチョな肉体を鏡に映しながら卑猥な言葉を立て続けに口走り、重量感のある巨茎をしごいて大量濃厚の白濁液をものすごい勢いで迸らせる小野良。筋トレに目覚めて以降、自分の鍛え上げた肉体に、隆々とした筋肉や躍動感に興奮を覚えるようになった彼は、その自慢のガタイを羨望の眼差しで見られることにも興奮するようになり、あえてポロリしちゃうようなぱつんぱつんのラグパンを履いたりも。そしてついにエスカレートする衝動を抑えられずに夜の公園でガチ勃ちをさらけ出してしまい、そんな破廉恥な姿を素性も知らない男に見られて――。