焦熱視線

[ゆけむりフロスター] の【焦熱視線】
ギンギンのを何度しごいても今ひとつ満足できず、さらなる刺激を求める無精髭のおじさん。カーテンを開けっ放しで下半身を露わにしたままの格好の自分を見て、もしこの姿を誰かに見られたら、と思っただけで今までにない興奮を覚えてしまい――。そこへちょうど通りかかったのは学校帰りの少年で、彼もまた見知らぬおじさんのあられもない姿にドキドキが止まらなくなっちゃうのをお楽しみください。