海彦の夜

[NG] の【海彦の夜】
帰宅すると、いつもとは違ってしんと静まりかえった部屋に山河が実家に帰っていることを思い出す海彦。久しぶりに一人の夜、やかんでお湯を沸かす音だけが聞こえる中、ふと思い立って図太いおもちゃなどを引っぱり出してきて――。くにゅっくにゅっと指でほぐした中にねじ込み、久々の圧迫感にハァハァと息を荒げながら快感に呻き、グググッと張りつめさせたたくましい雄幹から濃厚な溜まり汁をドプッドプッドプッと止めどなく噴出しまくっちゃう様をぜひ。