ブリーフ部長

[マサムネ☆コキチ] の【ブリーフ部長】
新プロジェクトの資料が早見部長の自宅に大量にあり、その整理の手伝いにやってきた高田。結局日付が変わる頃までかかり、このまま残らせていただいて…と自然な流れでお泊まりに持ち込むことに成功した高田は手料理も味わい、そして彼がお酒に弱いのを知りつつ「一杯だけ!」と誘っちゃいます。すると普段のパリッとしたスーツ姿からは想像もつかない一面を目撃し、さらにはドキドキしながら部長のブリーフに生着替えしたりも。そのブリーフ越しにゴロンゴロンされてムク…と漲り、先走りがにじむ先っぽや恥穴をねぶり、ついに極太を導き挿れて……。

タイトルとURLをコピーしました