ウルトラクールビズ

[白蜜乳業] の【ウルトラクールビズ】

温暖化が進行する一方の2060年、新たなクールビズ「ウルトラクールビズ」が義務化される。
それは、極小ビキニにネクタイとソックスだけという、極限まで布地を省いたスタイルだった。
妻子持ちの会社員・黒田剛司は、ビルダー並みの屈強な巨体と常人離れした巨根の持ち主。
そんな彼は、否応なく目立つたくましい肉体と大きな股間の膨らみをさらす格好で出歩かねばならないことに羞恥を感じる。
しかし、裸同然の体と股間の膨らみが周囲の視線にさらされるうち、次第に淫らな感覚を覚えるようになり…。