その男狂暴につき

[根雪堂] の【その男狂暴につき】
通学時の満員電車でいつも押しつぶされてしまう小柄な少年。しかしガタイのいいヒゲの見知らぬおじさんに毎朝守られるようになって……。そんなある日、普段よりさらにぎゅうぎゅうの車両内で思わず分厚い大胸筋に手がふれてしまい、そのまま身動きが取れなくなってしまいます。胸が弱いらしいおじさんの反応を見ているうちに衝動に駆られ、がっちがちになってしまった極太を肘でぐにぐに責め立ててみたり。濃い体毛やがちむちぷりぷりな筋肉、口に入りきらないほどの図太い雄茎がお好きな方にはたまらないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました